車買取のお店を比較するにしても多すぎるのは禁物

車の買取手続きを行う時には、数は大きなポイントになります。車買取の情報サイトなどを見てみれば、それがよく分かると思います。それらのサイトでは、色々なお店を比較する方が良いとアピールされていますね。
実際確かにその通りです。お店が異なれば売却金額が数十万円ほど違ってくる事もあるので、やはり比較をするのは大切でしょう。

数が多いと混乱をきたす可能性が

ですので多くのお店を比べる方が良い訳ですが、1つ気をつけた方が良い点もあります。あまり数が多すぎない方が良いですね。
確かに多くのお店を比べれば、それだけ高額売却に近づく可能性は高まるでしょう。ところが数が多くなれば、それだけ混乱してしまう可能性があるのです。
少々極端な例ですが、30社程度で車の状態を見てもらったとしましょう。さすがに30社もの業者で見てもらえれば、どこかで大きな金額が付く可能性はあるでしょう。
ただ問題は、業者の混乱ですね。どの業者が何円程度の金額を提示したきたかが、分からなくなってしまう事があるのです。

出典:初代ヴェルファイアの買取相場

数が多ければ労力も多くなる

それと、そもそも労力の問題があります。5社や6社程度で査定を受けるならば、それほど手間は大きくはないと思います。ところが30社もの業者で査定を受けるとなると、当然かなりの手間がかかってしまうでしょう。
何せ1社の営業マンとやり取りをするだけでも、相当なエネルギーを使う傾向があります。30社という数字は、ちょっとあまり現実的ではありませんね。
ですので一括査定などを用いて各会社の比較をするにしても、せいぜい7社や8社くらいにしておいた方が良いでしょう。1社や2社ではさすがに少ないと思いますが、15社や20社など非現実的な査定依頼をしないように気をつけたいものですね。

団体に加入している北海道のある業者に車を売った友人

近ごろ北海道に住んでいる私の友人は、車の売却を行ったようです。
最近友人は、北海道の札幌地域に引っ越しをしたようですね。あの地域は、道内でもかなり交通網が発達しています。電車で移動する際にも、特に困難を覚える事が無い地域ですね。

そのような地域なので、友人は持っている車が不要になってしまったそうです。しかも車を持っているだけでも維持費用などがかかってしまいますので、思い切ってそれを売却する事にしたようですね。

しかし友人としては、なるべく良い業者に車を売却したいと考えていたようです。どうせならば高く売却したいとも考えていたので、友人はネット媒体を用いて北海道地域にある色々な買取業者の情報を調べました。

その結果、ある業者はとても良いと思ったそうです。その業者はある車買取の団体の会員ですし、しばしば高額買取が成立しているのです。

そこで友人は、その業者に対して連絡をしました。その北海道の業者は、直ちに来てくれたようですね。とても熱心なスタッフの方で、友人としては好感を覚えたようです。
その業者から提示された金額は、かなり高かったようです。想定していたよりもかなり高い金額だったので、友人は少々驚いたようですね。ともあれ友人は、その業者に車を売却しました。
フィット 買取

またその業者の場合は、支払いもとても速かったようです。査定を行った翌営業日には友人の銀行口座にお金が振り込まれていたようですね。とても支払いがスムーズだったので、友人としては手続きがやりやすかったようです。

こうして友人は、北海道のある買取業者に車を売却しました。ちなみに私の親戚も、最近北海道地域で車の売却を考えているようですね。ちょっと友人が利用したその業者を紹介してあげようかなと、最近考えています。

情報入力をして車の査定点数を表示できる業者用アプリ

近頃の車買取の業者は、スマホを用いて査定を行っている場合があります。しかもそのスマホで、入力をしながら査定を行っているのです。

業者が用いているシステムは、各社それぞれ異なると思います。ただそのシステムの1つとして有り得るものの1つに、IESがあります。IESのシステムは、かなり優れていると思いますね。

そのアプリを用いますと、まずスマホの画面に査定項目が表示されるのだそうです。例えば車の査定の時には、溶接状態を見るのも大事ですね。溶接がしっかりしているかどうかを確認しない事には、車の状態に問題があるかどうかも確認できないからです。

ところが査定士も人間です。たまにその溶接状態を見逃してしまう事もあり得るでしょう。

しかし上記のアプリを用いると、その査定項目が表示されるのだそうです。つまり「溶接部分を確認しましょう」などと表示されるようですね。つまり査定士が何らかの見落としをしてしまう事も、激減すると思います。
そして溶接部分を確認したら、その状態をスマホの画面に入力します。溶接部分に限らず、車の各パーツの状態を次から次へと入力していきます。

全て入力し終わると、今度は点数が表示されるのだそうです。果たしてその車は何点の価値があるかが、画面に表示される訳ですね。ちなみにその点数は、オートオークションの査定基準に則って算出されるそうです。

images (5)とても優れているアプリだと思いますね。それを用いれば、客観的なデータを知る事もできるでしょう。

また買い取り業者の全従業員がそのアプリを用いれば、査定の基準の統一をする事もできるでしょう。誰か1人がかけ離れた査定金額を提示する事もありません。

買い取り業者はしばしばスマホを用いて査定を行っていますが、もしかすると上記のIESのようなハイテクなシステムを用いているのかもしれませんね。

カテゴリー
お気に入り